音楽のように

ヒストリカルクラシックのブログ

私の好きなクラシック音楽 その2

ヴィルヘルム・ペッテション=ベリエル 『天の星のように』

 

ペッテション=ベリエル(18671942)という作曲家をご存知でしょうか?

 

北欧の音楽といえば、どの作曲家をイメージするでょうか?

グリーグシベリウス、ニールセン。

おそらく一般的に思い浮かべるのはその3人ではないでしょうか?

 

グリーグノルウェーの、シベリウスフィンランドの、ニールセンはデンマークの、それぞれの国を代表する素晴らしい作曲家です。

 

ではスウェーデンは?

 

あまり突出した才能を持つ作曲家がいないのではないかと思われがちですが、ステンハンメル、アルヴェーンという二大巨頭をはじめとして、とても優れた作曲家が実はたくさん存在します。私はその層の厚さゆえに、スウェーデンのある特定の作曲家が、他の北欧諸国のようには有名にならなかったのではないかと推測しています。

(なお、グリーグシベリウススウェーデン語の話者であったことは特記すべき点でしょう)

 

その中の一人がベリエルです。

 

時代はロマン派、国民楽派の時代。

ロマン的な抒情を湛えつつ、民族的な旋律、リズムをとりいれた楽曲をベリエルも作曲しました。

 

代表作にして日本でも最も有名なのはピアノ曲集『フレーセーの花々』でしょう。

グリーグの『抒情小曲集』の影響は明らかで、とても美しく詩的なピアノ小品たちです。

フレーセーというのはベリエルが愛して住んだ湖に浮かぶ島のことで、ベリエルの自然への愛情をうかがいしることができます。

 

一方で、ベリエルは辛口の批評家、そしてニーチェのドイツ語からスウェーデン語への翻訳者としても知られています。

きっと自分に対してはとても厳しい人だったのでしょう。しかしその曲は優しい、細やかな感情にあふれています。

 

歌曲『天の星のように』

 

ベリエルはまた多くの歌曲を残しています。

その中でも私がもっとも気に入っているのが『天の星のように』です。

この歌曲はベリエル自身が作詞しています。

歌曲の理解には歌詞が必要かと思いましたので、訳出してみました。

拙い訳ですが、参考にされてください。

 

Som stjärnorna på himmelen, när natten faller på, 

så tindrade hans ögon, så klara och så blå, 

så röder var hans mund, 

som rosorna i lund 

om våren. 

 

Men skyarne församlades och solen vände bort, 

ty livet liksom kärleken och våren är så kort. 

När löven föllo av, 

de föllo på hans grav, 

den tida

 

Om alla träd i skogarna och böljorna de blå, 

om alla markens blomster hade fåglalungor små, 

de kunde ej ändå 

min hjärtesorg förmå 

att sjunga.

 

対訳

 

夜が訪れ、天に星がきらめくように

いつも彼の瞳は閃いていた

それは透き通って、青かった

彼の唇は春の森に咲くバラのようだった

 

しかし雲が集まり日光が遮られた

そう、人生は愛や春のように儚い

木葉が落ちるとき、

それは彼の墓の上に落ちるのだ

 

森のすべての木々をみおろし、

あらゆる青い波を渡った猛禽たちでさえ

ここではどの花の前でもちっぽけで

私の心の痛みが

どこからくるのか

歌うことはできなかったのだ

 

 

解釈

 

夜から昼へ、

花咲く春から木葉の落ちる晩秋へ、

視線が移りかわっていきます。

青春や人生の儚さが自然の描写に合わせて表現されます。

 

そして視点はメタ的になり、

世界を見渡す神のような視線に飛翔します。

それでも真実は変わることなく

ただよりどころのない心の痛みをかんじている。

 

私はこのように解釈しました。

みなさまはいかがでしょうか?

お薦めの演奏

①ニコライ・ゲッダNicolai Gedda  ジャン・アイロン(ピアノ)盤

 1980年 Bluebell

ニコライ・ゲッダ(1925‐2017)はスウェーデンの名テノールです。とても多くの言語をあやつり、例えばイタリアの歌曲はベルカント唱法で歌うなど、その言語に応じて歌唱法を変えるということでも知られるおなじみの歌手です。そのゲッダが母国語で歌うと、このようになるのですね。ゲッダ自身がこの曲をとても愛していることがよく分かるような、そんな情感たっぷりな、本当に美しい歌唱です。このCDははじめに7曲、『フレーセーの花々』が入っていてそちらも大変すばらしい演奏です。Esther Bodinさんのピアノです。

 

f:id:shashinchan:20190525220002j:plain

ゲッダ ジャン・アイロン盤

f:id:shashinchan:20190525220044j:plain

ゲッダ ジャン・アイロン盤


②ニコライ・ゲッダNicolai Gedda ニルス・グレビリウス 盤

 1965年 Swedish Society

 こちらはオーケストラ伴奏版です。ピアノ伴奏版が定番ですが、こちらもなかなか良いです。少しゆっくりめにたっぷりと歌い上げています。ゲッダの伴奏ではありませんが、名指揮者ヴェステリヴェリのピアノが聴ける希少なCDでもあります。

 

f:id:shashinchan:20190525220122j:plain

ゲッダ グレビリウス盤

f:id:shashinchan:20190525220144j:plain

ゲッダ グレビリウス盤


まとめ

 他の北欧諸国の音楽に比べてスウェーデンの音楽に私が感じるのはドイツ、フランスなどの中央ヨーロッパ諸国の音楽との近似性です。首都ストックホルムは、ヴェルディの『仮面舞踏会』でも知られるグスタフ三世の時代には北のパリと言われるほどに隆盛を極め、以降、北欧一の文化都市となります。文学、絵画との交流もあり、音楽界も一周辺地域としての域を超えた存在感をもっていて、繰り返しになりますが、やはり北欧の中心としてたくさんの偉大な作曲家を生んだのだと思われます。ベリエルはワーグナーの影響を強く受けましたが、『フレーセーの花々』他で感じられるのはむしろシューマン的な世界なのではないかと思います。交響曲やヴァイオリン協奏曲などとても素敵な大曲がありますが、フレーセーのようなピアノ小品に、そして『天の星のように』のような小さな歌曲にこそベリエルの魅力がつまっている、そんな気がします。

 

 

私の好きなクラシック音楽 その1

ブラームス ピアノ協奏曲第1番ニ短調 作品15

さて、記念すべき第1回目はヨハネス・ブラームス

ピアノ協奏曲第1番ニ短調をとりあげます。

数えきれないほど存在するピアノコンチェルトのなかで、

私がもっとも好きな曲がこのブラームスのピアノ協奏曲第1番です。

 

 

ブラームスといえばドイツの作曲家ですが、シューマンの弟子であり、

R・シュトラウスの先生です。

私はこのシューマンブラームスR・シュトラウスという

師弟関係のリレーがとても好きです。

ドイツ音楽の本流のように思えます。

 

ある日、シューマンの娘が玄関のドアをあけると

そこに金髪碧眼のハンサムな青年が立っていました。

それがまだ20歳のブラームスです。

彼は携えてきた自作のピアノ曲シューマンの前で披露します。

その時、きっとシューマンは驚愕しただろうと思います。

とっても素晴らしい今までに聴いたことのないようなものでしたから。

(私はブラームスの初期ピアノ作品にはベートーヴェンの後期ピアノ作品の

影響が多くみられると思っています)

 

さて、晴れてシューマンの弟子となったブラームス

数々の名曲を作曲するのですが、

シューマンの影響をうけながらも、

健康的な独自性のある大作を生み出していきました。

 

そのなかの一つがピアノ協奏曲第1番ニ短調です。

 

ブラームスはその生涯にピアノ協奏曲を2曲、作曲しています。

どちらも規模の大きな曲ですが

ピアノ協奏曲第一番はブラームスが24歳のときの作品です。

3つの楽章からなりますが、

シューマンの妻であった クララ・シューマンの肖像を描いた

とされる静かで美しい第二楽章がとても好きです。

 

お薦めの演奏

①ジュリアス・カッチェンJulous Katchen  ルドルフ・ケンペ

 1967年 ICA CLASSICS 

 ジュリアス・カッチェン(1926-1969)はアメリカのピアニストですが、ブラームススペシャリストで生涯にわたりこの曲を4回録音しています。これはその最晩年のものです。残念ながら癌で42歳で亡くなっています。カッチェンのこの演奏はそれまでの3回と異なり、何か生き急いでいるような、どこか悲しい気迫を感じます。やはりブラームスにカッチェンははずせません。

f:id:shashinchan:20190522170834j:plain

カッチェン盤

f:id:shashinchan:20190522170910j:plain

カッチェン盤

ウィリアム・カペルWilliam Kapell  ドミトリー・ミトロプーロス

 1953年 MELODRAM

    ウィリアム・カペル(1922-1953)もアメリカのピアニストです。残念なことに飛行機事故で夭逝しています。この演奏は第二楽章がとても素晴らしいです。美しく、そしてどこまでも深いです。ギリシャの高僧との異名をもつミトロプーロス指揮のオーケストラが支えて演奏をより深いものにしています。

f:id:shashinchan:20190522170943j:plain

カペル盤

f:id:shashinchan:20190522171000j:plain

カペル盤

③エリック・テンベルクErik Then-Bergh  カレル・アンチェル

 1958年 SUPRAPHON

 エリック・テンベルク(1916-1982)はドイツのピアニストです。統合失調症を患っていたピアニストですが、この演奏は王道とも言えるような演奏です。美しく、しなやかで、何度もはっとさせるようなところがあります。個人的に第三楽章はベストだと思います。

f:id:shashinchan:20190522171020j:plain

テンベルク盤

f:id:shashinchan:20190522171033j:plain

テンベルク盤


まとめ

名曲中の名曲ですから、他にもたくさんの良い演奏があります。有名どころを少し挙げると、カーゾン、セル盤、ギンペル、ケンペ盤などなど枚挙にいとまがありません。ですが、やはり上述の3つの演奏はお勧めです。それにしてもアメリカ出身の有望な2人のピアニストが若くして亡くなったというのはアメリカ音楽界の悲劇としか言いようがありません。当時、ロシアやヨーロッパからの移民や亡命組がアメリカの音楽界を牛耳っていましたから。とりわけ国内での活動も多かったカペルを失ったことは大きかったでしょう。もしこの2人が長生きをしていたら歴史が、少なくともブラームスの演奏史が変わっていたのではないでしょうか。

  

 

 

音楽のブログはじめます。

ご訪問、どうもありがとうございます。

はてなブログにて『第二詩集のために』

https://www.xn--4kqu10iotjz5l.com/

というブログを運営させていただいております

真ちゃんと申します。

音楽のある生活は私たちの人生を豊かなものにしてくれますが、

こちらは、その一助になれたらとの思いから始めるブログです。

 

音楽を愛する私たちのような人間は

自分が感動し気に入った音楽を他の人と共有したい、

聴いてもらいたいと思ってしまうものではないでしょうか。

 

それが時代の変遷や地理的な限定性の影響など、

様々な理由で埋もれてしまっているもの、

日の目をみていないものであればなおさらです。

 

音楽の良し悪しは自分の耳とハートで感じ取るものですから

他人の評価に左右される必要はないのはもちろんです。

実際に音楽に触れてみて、

「あっ、この曲いいな、この演奏すてきだな」

でいいのでしょう。

きっとこれがはじまりです。

ですから、当ブログでは批評的な記事は極力避けて

音楽を楽しむきっかけの提供に専念したいと思います。

 

そのためには演奏の紹介だけでは不十分ですから、

楽曲や演奏にまつわるちょっとしたお話を添えようと

計画しています。

 

数千枚のCDアーカイブからとくにお勧めの演奏を紹介します。

よく知られている楽曲や演奏ばかりではありません。

知られていないものにも、

もちろんたくさんの素晴らしい演奏が存在します。

それらに光をあてることも当ブログの目的の一つです。

 

よく聴き込んでいらっしゃる方も納得のCDを

紹介していこうと思っています。

音楽に初心者向けなどなく、

ただどうしようもなく魅了されてしまう、

そんな演奏があるだけだと私は感じているからです。

 

クラシック音楽を扱い紹介するブログという性質上

どうしても私個人のし好が出てしまうとは思いますが、

読んでくださる方にとっても有用な記事になるように心がけます。

他人の言葉よりも自分の耳を信じること、

それが全てだと思い音楽を聴いてきた私が、

自信をもってお勧めする音楽情報発信のブログです。

 

当ブログも頑張って更新していきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

        2019.5.22 真ちゃん